潮干狩り

ヤドカリの寿命はどのくらいで海水でないとダメ?ペットショップでの値段は?

ヤドカリ 寿命 海水

「ヤドカリの寿命はどのくらいで海水でないとダメ?ペットショップでの値段は?」と題してお届けします!

ヤドカリをペットとして飼えることをご存知でしょうか。

ヤドカリといえば海水にいるイメージですが自宅で買う場合、海水の用意はどうすればいいのか疑問ですよね。

そこでこの記事では自宅でのヤドカリの飼育の仕方についてご紹介します。

ヤドカリのペットショップでの値段や寿命について調査をましたので、ぜひ最後まで読んでください。

ヤドカリの寿命はどのくらい?

まず、ヤドカリの寿命はどのくらいの長さなのでしょうか?

調べてみると、「20年~30年で上手に育てれば長生きをする」ということでした!

しかしこのような声もあります。

ヤドカリのヤドン。飼育下だとヤドカリの寿命が8年くらいと聞きました。サザエの貝殻を背負う姿を見たかったなぁ。 pic.twitter.com/qt1zjnO1Kd

— うどんとお豆たち。 (@Udonto_Omame) July 4, 2021

種類によっても変わってくると思いますので種類別でご紹介していきますね。

ホンヤドカリの寿命

塩谷海岸で見つけたホンヤドカリ。めっちゃオシャレな貝殻に住んでいる。ベニヤカタガイだ!殻のあるウミウシの仲間で、ミスガイに近い。ピンクの縞模様が可愛い。人間でも男でピンクのデザインの洋服を自在に着こなしてるとオシャレ上級者感あるよねヾ(๑╹◡╹)ノ” pic.twitter.com/qTtgbWP73B

— ゆうじ (@sea_slug_0509) May 1, 2018

ホンヤドカリの寿命は寿命は3~4年ほどです。

海にいるヤドカリをイメージするときに出てくるのがこのホンヤドカリです。

  • 大きさは成体で1センチ以下
  • 左右で大きさの違うハサミ(右の方が大きい)
  • メスよりもオスの方が大きい

というような特徴があります。

オカヤドカリの寿命

やらなきゃいかん事に目を背けてするヤドカリ水槽掃除は楽しいな〜😁
白菜ツマツマ、海水ゴクゴク。#オカヤドカリ pic.twitter.com/xfAJFV8F56

— まるぴ ⛅🐈🐢🐚🍺 (@marupi_MB) February 27, 2022

オカヤドカリの寿命は約15~20年と言われています。

  • 家庭でのペットとしては一番飼いやすいヤドカリ
  • 海水が少ない量で済むというメリットがある
  • エラももっているが、体の表面が水分で覆われているので皮膚呼吸している

というような特徴があるようです!

ヤドカリの飼い方をわかりやすく解説!

種類によって寿命が大きく変わるヤドカリですが、少しでも長く生きてほしいですよね。

ヤドカリを飼育するときのポイントをまとめました。

【用意するもの】

①水槽(飼育ケース)

  • ベーシックな四角いタイプの水槽や、インテリアとしても楽しめる丸みを帯びた水槽
  • 初心者の方には照明や温度計、濾過器などがセットになっている水槽セットがおすすめ
  • 水槽のサイズは30センチを基準にする

②砂(陸地)

  • サンゴ砂を利用
  • 雑菌が出てこないようにしっかりと水洗いをして乾燥をさせる

③温度計

  • 平均25℃を目安に温度維持する
  • 18℃以下になってしまうとヤドカリたちにダメージを与えてしまい、最悪死んでしまう

④濾過(ろか)機

  • 水質の管理の為に使う
  • 水温の調節にもつながるので入れておくのが良い

⑤貝殻

  • ヤドカリのお引越しに必要になる
  • お湯に通して乾燥させて水槽におとす

⑥ヒーター

  • 温度調整のための道具
  • 寒い時期はヒーターをつけて温度調整をしてあげる

⑦レイアウト

  • ヤドカリの隠れる隠れ家となるように流木やサンゴ、岩がしっかり配置させる

以上7つをご紹介しましたが、水についてはあとで詳しくお伝えします。

ヤドカリが長く快適に暮らせるように心地のいい空間づくりをしましょう!

ヤドカリの死因は何が多い?

ヤドカリの死因は何多いのでしょうか?

本来の寿命は一般的に20年~30年と言われていますが、実際は餌のやり過ぎなどの原因で寿命が縮まってしまうことがあるそうです。

それはなぜかというと、餌を食べすぎることで長速度が上がって脱皮の回数が増えることが理由です。

そうすると寿命は5年〜10年になってしまいます。

ヤドカリは海水でないとダメ?

ヤドカリを飼うにあたって一番最初に疑問に思う「水」についてですが、結論から言いますと”淡水でも海水でもヤドカリは飼えます”

ただ、淡水で飼育する際の注意点は海水でないと、脱皮をしなくなったりして死期を早めることもあるということです。

ヤドカリのことを考えると海水での飼育をおすすめします。

ヤドカリが喜ぶ海水の作り方

海水は人工的に作れます。

海水魚も扱っているペットショップやネットで「人工海水の素」というものが売っているのでそちらを使うと楽です。

こちらは水道水に混ぜて使用できます。

ヤドカリが生活しやすいように本来の環境にできるだけ近づけることが大切ですね。

ヤドカリのペットショップでの値段はいくら?

ヤドカリはペットショップでどのくらいの値段で売られているのでしょうか?

サイズや品種にもよりますが、1~2cmの一番小さなサイズで100円位です。

その他は1匹あたり300~1000円前後で、大きい個体ほど高価になります!

また、3匹~5匹がセット販売されている場合は、4cm前後のМサイズの物で1000円程が平均的な価格です。

希少な品種ですと10000円程するものもあります。

まとめ

今回の記事をまとめるとこのようになります。

  • ヤドカリの寿命は一般的に20年~30年で、種類によって異なる
  • 淡水でも飼育はできるが本来の環境に合わせて、海水が望ましい
  • 「人工海水の素」で簡単に海水は作れる
  • ペットショップでの相場は300円~1,000円前後

かわいい姿と動きから、ペットとしての人気が出てきているヤドカリを快適な環境下で飼育して、たくさん癒してもらいましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

▼こちらの記事もどうぞ▼
潮干狩りで捕まえたヤドカリの飼い方!水道水でOK?エサは何?