秋のイベント

さつまいもを食べるデメリットは?毎日食べると体に悪い?

さつまいも デメリット

さつまいもといったら食物繊維をはじめ、栄養が豊富に含まれているイメージがありますが、食べ過ぎると起こるデメリットなどはあるのでしょうか?

さつまいもを食べ過ぎるデメリット、さつまいもの効能や効果的な食べ方、さらに「さつまいもダイエット」のやり方についてもまとめています。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

さつまいもを食べるデメリットは?毎日食べるとどうなる?

さつまいも

秋になると店頭にたくさん並ぶさつまいもは、栄養豊富なイメージですが、食べ過ぎることでデメリットはあるのでしょうか?

調べてみました。

下痢や腹痛の原因になる

さつまいもには、便通改善にいいといわれている

  • 食物繊維
  • ヤラピン
  • マグネシウム

を含んでいます。

そのため食べ過ぎると、便通がよくなり過ぎて下痢になったり、腹痛を起こす原因にもなるので注意しましょう。

オナラが出やすくなる

さつまいもを食べるとオナラが出やすくなるとよく言いますが、これは事実です!

外出する予定がある場合などは、控えた方が無難かもしれません。

ただしさつまいもを食べて出るオナラは、アンモニアをほとんど含まないので、あまり臭くありません

ちょっと安心ですね。

便秘が悪化する可能性がある

さつまいもに含まれる食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」が多いです。

そのため腸の活動が弱く、普段から水分不足による便秘気味の人は、便がさらに硬くなり便秘が悪化する可能性があります。

さつまいもだけでなく、水溶性食物繊維を多く含んだわかめやこんにゃくと一緒に摂るといいです。

太る原因になる

さつまいもはイモ類なので、炭水化物を多く含みます。

糖質が高く、100gあたり30.3gもあるんです。

糖質はエネルギーとなりますが、消費しきれなかった分は脂肪として蓄えられてしまいます。

そのため食べ過ぎてしまうと太る原因になるので、気を付けましょう。

毎日食べても適量なら問題ない

さつまいもは栄養価も高く、毎日食べても問題ありません。

ただし先述しているように、食べ過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性があります。

1日1本、多くても2本を目安に食べるようにしましょう。

さつまいもは栄養満点!効能・効果的な食べ方とは?

さつまいも 値段 スーパー

さつまいもを食べ過ぎたときのデメリットについてお話ししましたが、さつまいもは栄養満点なのも事実!

具体的にどんな効能があるのかまとめました。

便秘解消

先程もお伝えしましたが、さつまいもには便通を良くする

  • 食物繊維
  • ヤラピン
  • マグネシウム

が含まれています。

食べ過ぎると下痢や腹痛になってしまいますが、適量食べれば天然の便秘薬!

便秘解消に一役かってくれます。

抗酸化作用

さつまいもはビタミンも豊富です。

特にビタミンCビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用を持つビタミンなのですが、ビタミンCは熱に弱いので加熱調理に不向き。

ですがさつまいものビタミンCは、でんぷんに守られているため、熱に強く加熱調理をしても壊れにくいです。

むくみ予防

さつまいもには塩分に含まれるナトリウムを排出させる、カリウムが含まれています。

そのためダイエットの大敵むくみ解消をサポートしてくれるんです!

効果的な食べ方

さつまいもの栄養を最大限活かす食べ方は「ふかし芋」です。

焼き芋だと高温調理のため、ビタミンCが壊れてしまう可能性があります。

さらに皮ごと食べるようにしましょう。

なぜなら皮付近に最も栄養が含まれているからです。

また冷やして食べると、腸内環境を整えるでんぷんに変化するので(後述)、冷やして食べるのがおすすめです!

さつまいもはダイエットにも!方法を紹介

さつまいも 値段 スーパー

さつまいもは栄養満点なこともあり、ダイエットにも向いている食材のひとつです。

さつまいもを使ったダイエット方法は、どんなものがあるのでしょうか?

さつまいもダイエットの方法を紹介します。

主食をさつまいもにする

スタンダードなやり方は、3食の主食のうち1食をさつまいもに変えるやり方です。

韓国発祥のダイエット方法で「コグマダイエット」とも呼ばれています。

主食さつまいもダイエットのルール
  • 1日1食分の主食をさつまいも150gに置き換える
  • さつまいもの調理方法は「蒸す」か「焼く」
  • 皮ごと食べる

とっても簡単ですね!

このときバランスのいい食事をするように心がけましょう。

そうすることで代謝が上がって、さらに痩せやすい体になります!

おやつをさつまいもにする

おやつをついつい食べ過ぎてしまう人は、間食をさつまいもにするのがおすすめです。

完食さつまいもダイエットのルール
  • 1日150gを目安に小腹が減ったら食べる
  • 皮ごと食べる
  • 冷やして食べる

こちらもとってもシンプル。

さつまいもは冷やすと、でんぷんの一部が結晶化し「レジスタントスターチ」になります。

レジスタントスターチは、腸内環境を整えるのに役立ち、食後の血糖値急上昇を抑える効果があることが明らかになっています。

熱々の焼き芋はおいしいですが、ダイエット中の人は冷ましてから食べましょう!

さつまいもを食べるデメリットまとめ

さつまいもを食べ過ぎると以下のようなデメリットがあります。

  • 下痢や腹痛の原因になる
  • オナラが出やすくなる
  • 便秘が悪化する可能性がある
  • 太る原因になる

たださつまいもは栄養がとても豊富なので、適量を食べる分にはなんの問題もありません!

食べ過ぎだけは注意しましょうね。

▼こちらの記事もどうぞ▼
さつまいもは野菜なのか?果物なのか分類を徹底調査!

さつまいもの値段を調査!スーパーではいくら?通販とどっちが安い?