マンガ

ジャードゥーガルの意味は何?天幕のジャードゥーガルのモデルの最後も解説

ジャードゥーガル 意味

トマトスープ原作の「天幕のジャードゥーガル」は『このマンガがすごい!2023』オンナ編で1位に輝いた話題作です。

タイトルのジャードゥーガルとはどんな意味があるのでしょうか?

またモデルとなったファーティマ・ハトゥンが迎えた結末、海外の反応もご紹介したいと思います!

以下ネタバレを含みますので閲覧注意!

【天幕のジャードゥーガル】ジャードゥーガルの意味は?

「天幕のジャードゥーガル」は主人公ファーティマ・ハトゥンの史実に基づく物語です。

タイトルのジャードゥーガルを調べてみると英語でもないようで、英語圏の読者の方もこのタイトルを不思議に思っているようでした。

どうやらジャードゥーガルはアラビア語で「魔女」という意味のようです!

ファーティマが作中で魔女と呼ばれるようになることから、このタイトルがつけられたと思われます。

この物語の時代は13世紀。ファーティマはもともとイランに住んでいたのですが、ユーラシア大陸を支配していた巨大なモンゴル帝国に彼女の住んでいる場所も制圧されてしまいます。

そして紆余曲折を経てモンゴル帝国の後宮で現皇帝の第6夫人であるドレゲネの侍女として働くことになります。

ファーティマはモンゴル帝国に複雑な感情を抱えるドレゲネとともに、モンゴル帝国の役人に対し復讐を誓うのです。

そして彼女は幼い頃に出会ったムハンマドの教えで身に着けた賢さをただ一つの武器に、巨大なモンゴル帝国を翻弄していくのです。

これまでの歴史を振り返ると、予言などを用いたり、国に何らかの影響を及ぼすような女性たちは魔女や悪女として恐れられてきました。

ファーティマもまたモンゴル帝国を揺るがす女性として、魔女と呼ばれながら憎いモンゴル帝国に対して復讐を果たしていくのです。

天幕のジャードゥーガルのモデルファーティマ・ハトゥンは最後どうなるの?

この物語は史実に基づいているようで、ファーティマもまた実在する人物がモデルになっています。

しかし史実とは異なり、かなり脚色されているようなので物語の展開も実際とは異なるのではないかと思われます。

その一つに漫画と実在のファーティマの最後の違いがあると思われますが、実際のファーティマは最後どうなってしまうのでしょうか?

ここでは実在したファーティマ・ハトゥンの凄惨な最後についてご紹介したいと思います!

ファーティマは後宮で侍女として仕える中で、巫女として予言をすることで主人であるドレゲネに気に入られていました。

彼女はドレゲネとともに政治工作を行ったり、予言で多くの大官が失脚することとなったりしたことで、彼女は多くの人物から反感をもたれるようになります。

そしてドレゲネの息子が皇帝となったとき、皇帝は側近の部下から彼女に呪いをかけられているという話を聞かされます。

そして皇帝が本当に体調を崩したことにより、彼女は呪術使いとしてとうとう告訴され、死刑宣告を言い渡されるのです。

そんな彼女の処刑方法はかなり凄惨なものでした。それは「人体の穴をふさぐ刑」です。。。

裸で拘束された彼女は目や耳、陰部など鼻以外の体中の穴を大きな針で縫い合わせられます。

そして縛られた状態で毛布にくるまれ、川に投げ込まれるという処刑を受けたのでした。

彼女はおそらく実際には呪術なんて使っていないわけですが、政権争いの中で邪魔な存在になり殺されてしまったというところでしょうか。

それにしても昔の処刑は惨いものが多かったと聞きますが、彼女の処刑も聞いただけで震えあがるようなものですね。

漫画のファーティマも同じように処刑されてしまうのでしょうか?

ファーティマの復讐劇の最後がこれだと、なかなか後味が悪いのではと思うので違うエンディングが描かれることを期待したいです。

天幕のジャードゥーガル海外の反応は?

最後に「天幕のジャードゥーガル」に対する海外の反応についてご紹介します。

「天幕のジャードゥーガル」はアジアの歴史を基にした物語のため、海外の歴史漫画ファンも注目しているようです。

アジアの歴史がテーマとなること自体珍しいようですがそれに加えて、モンゴル帝国の話でありながらチンギス・ハンが直接的に登場しないということが関心を強めているようです。

またストーリーももちろんのことながら、著者であるトマトスープさんの絵を評価しているコメントも多く見られました。

日本のコメントでは絵が単調だというネガティブなものもありましたが、海外の方には逆にこのような絵柄のほうが受けがいいようですね。

しかし英訳されていないので、まだ読むことができていない方が多いようです。翻訳を待ち望んでいる声も多く見受けられましたよ。

まとめ

今回はトマトスープ先生の「天幕のジャードゥーガル」について、気になるタイトルや主人公ファーティマ・ハトゥンの最後、海外の反応についてご紹介しました。

歴史漫画は近年であれば中国を舞台とした「キングダム」などたくさんありますが、その中でもモンゴル帝国についての漫画はほとんどないのではと思います。

知識と教養を身に着けたファーティマ・ハトゥンとドレゲネが今後モンゴル帝国をどのように変えていくのでしょうか。

現在2巻まで絶賛発売中で、1話ごとに無料で読めるサイトもあります!

こちらの記事で詳しくお伝えしているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

天幕のジャードゥーガル無料で読む方法