潮干狩り

ヤドカリの食べ物は何?飼育グッズは100均で揃えられる?長生きする飼育方法

ヤドカリ 食べ物

海などで見かけるヤドカリってかわいいですよね!

子供とヤドカリを飼育できたら楽しそうだと思いませんか?

でもその前に、ヤドカリは生き物ですから、きちんと飼育できる知識は備えておきたいものです。

そこで今回は、

  • ヤドカリの食べ物は何?
  • ヤドカリの生態をわかりやすく解説!
  • ヤドカリの飼育グッズは100均で揃う?
  • ヤドカリの長生きする飼育方法

をお伝えしてきます!

ぜひ最後まで読んでください。

ヤドカリの食べ物は何?

ペットショップやインターネットで販売されている、人工のペットフードがあります。

ヤドカリ用のものやザリガニ用の物を与えることができます。

その他にも、しらすや小魚、海藻類、野菜や果物を与えることができます。

栄養バランスも考えるなら、これらの食材を偏ることなく、ローテーションであげるといいと思います。

私のおすすめは、

  • しらす
  • キュウリ・リンゴ・にんじん
  • 海藻類は、ワカメを塩抜きしたもの

上記の他に、ヤドカリ用のペットフードをたまにあげるのがおすすめです。

人工ペットフードは、栄養バランスが考えられているため、たまにあげるといいと思います。

どの食材にしても、水質が悪くならないように、数日で入れ替えるようにしてください。

ヤドカリの生態をわかりやすく解説!

ヤドカリは、十脚目ヤドカリ上科に分類される甲殻類です。

雑食性で、生物の死骸や細かなごみも食べるので、「海の掃除屋」とも言われているそうです。

体が大きくなると窮屈になった外皮を脱ぎ、それを繰り返す事で、成長していきます。

脱皮が終わると、体が一回り大きくなるので、貝殻も引っ越す必要があります。

ヤドカリといえば、貝殻の引越しのイメージが強いですよね。

まずヤドカリは、空の貝殻を見つけると、大きさが自分に合っているか、壊れていないか等を脚やハサミを使って確認し、中に入っている小石や砂利を取り出して掃除します。

そして、古い貝殻から引っ越します。

引っ越しの後、腹部を使って殻の内部に問題がないか確認します。

そこで異常があれば、元の古い殻に戻ることがあります。

サイズが合わないと、成長が阻害されてしまったり、外敵に襲われたときに、全身を隠して身を守ることができません。

その為、引っ越し先の貝殻は慎重に選ばないといけないんですね。

ヤドカリの飼育グッズは100均で揃う?

100均で購入できる飼育グッズはあります。

ご紹介していきますね!

1. 大きめなピンセット

餌の回収をするときに使います。

2. 霧吹き

水槽の湿度管理に使います。

3. スコップ(穴がたくさん空いたもの)

水槽の掃除の時に使います。

砂を回収するときに、穴が開いているものだと水切りができて便利です。

4.バケツ

普段掃除に使っているものとは分けたほうが衛生的かと思います。

5.ザル

洗った砂を水切りするときに使います。

上記の5点は100均でも買えるので、見てみてください♪

ヤドカリの長生きする飼育方法

ここではヤドカリが長生きする飼育方法をご紹介します。

いろいろなサイズの貝殻を揃える

実は、ヤドカリの死因で、意外にも多いのが、引っ越しの為の自分に合った新しい貝殻がなかった事です。

その為、いろいろなサイズの貝殻を揃えて、ヤドカリが自分で選べるようにしてあげましょう。

海で拾ってきてもいいですし、ネットショップでも販売しています。

子供と海に行って、貝殻を探すのも楽しいですよ!

ネットショップにも、かわいい柄のものも多いので、そちらで選ぶのも楽しそうですね♪

ぜひチェックしてみてください!

使うときは、水できれいに洗ってから、熱湯で消毒し、よく乾かしておきましょう。

子供と選んだ貝殻に引っ越ししてくれた姿を見ると、とっても嬉しいですし、かわいく感じるものです。

子供もとても嬉しそうにしてました^^

大きめの水槽を用意する

水槽が狭いと、ヤドカリはストレスを感じます。

なので水槽の大きさはストレスにならないよう、大きめの物を用意してあげるといいです。

ヒーターを用意する・冷房が直接当たらない位置に水槽を置く

温度管理も重要です。

ヤドカリは寒さが苦手な種類が多いので、冬場などは、水槽の温度を一定に保てるように、ヒーターを使ってあたためてあげてください。

夏は、直接冷房が当たるところに水槽をおいていると、水槽内が寒くなってしまうので、気を付けてあげてください。

まとめ

今回は、ヤドカリについてご紹介しました♪

  •  食べ物は、人工ペットフード、しらすや小魚、海藻類、野菜果物をバランスよく与えること
  • ヤドカリは、成長を阻害されないようにする為、そして外敵から身を守る為に

成長した自分のサイズに合う貝殻を慎重に選ぶ。

  • 100均でも「大き目なピンセット」「霧吹き」「スコップ」「バケツ」「ザル」が購入できる
  • 長生きできるように、「様々なサイズの貝殻」「大きめの水槽」「温度管理」が大切

ということが分かりましたね♪

ぜひ、ヤドカリを見つけて連れて帰った時には、長生きできるように大切に育ててあげてください。

▼こちらの記事もどうぞ▼
ヤドカリの寿命はどのくらいで海水でないとダメ?ペットショップでの値段は?

潮干狩りで捕まえたヤドカリの飼い方!水道水でOK?エサは何?