ドラマ・映画

乙骨憂太再登場は何巻?呪術廻戦本編では味方になるの?ネタバレ解説

乙骨憂太 再登場 何巻

2021年12月に公開され、大ヒットを記録している映画「劇場版 呪術廻戦 0」の主人公である乙骨憂太ですが、「呪術廻戦本編」では何巻で再登場するのでしょうか?

また、乙骨憂太は本編では味方になるのか気になっている方も多いと思います。

そこで、今回は呪術廻戦本編での乙骨憂太の登場巻数と、乙骨憂太の現在について調べてみました。

以下ネタバレを含みますので閲覧注意!

【呪術廻戦】乙骨憂太再登場は何巻?


呪術廻戦本編で乙骨憂太が再登場するのは、16巻第137話「堅白」からです。

渋谷事変によって東京23区が壊滅状態の中、コンビニにいた子供が呪霊に食べられそうになるのを乙骨憂太が救います。

呪霊を刀で刺して、子供に「怪我はない?」と声をかけるシーンが本編での再登場のシーンです。

【呪術廻戦】乙骨憂太本編では味方?敵?

乙骨憂太は、本編の主人公である虎杖悠仁を狙う敵キャラクターとして再登場します。

上層部の虎杖悠仁の死刑執行という命令に従い、虎杖をどんどん追い詰めていきますが、実際は五条の依頼によって虎杖悠仁を助ける味方として活躍します。

本編にも、虎杖をリカちゃんから守ったり、虎杖を刺した後に謝ったりする場面から、本当は味方というヒントが散りばめられています。

乙骨憂太プロフィール!各キャラクターとの関係解説


そもそも乙骨憂太とは誰なのか?詳細のプロフィールや各キャラクターとの関係性などをご紹介します。

乙骨憂太とは

呪術廻戦の前日譚「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」で主人公だった乙骨憂太は、本編では呪術高専東京校の2年生で、日本に4人しかいない特級術師の一人です。

乙骨憂太プロフィール

生年月日:2001年3月7日

出身地:宮城県

年齢:17歳

身長:180cm程度

超大物術師であり、日本三大怨霊の菅原道真の子孫。五条悟とも遠縁の親戚。

血筋の良さもあり、学生とは思えないほどの才能の持ち主。

各キャラクターとの関係性

  • 祈本里香(リカちゃん)との関係

乙骨憂太と幼馴染で、「大人になったら結婚する」と強い愛で結ばれていた二人ですが、リカちゃんが11歳の時に交通事故によって亡くなってしまいます。

リカちゃんの強すぎる乙骨への愛情により、リカちゃんは特級過呪怨霊となって乙骨に憑りつきます。

「呪いの女王」と呼ばれるほど最強の力をもつリカちゃんのパワーによって、乙骨も特級術師となりますが、最終的に乙骨はリカちゃんの呪いを解放します。

リカちゃんを解呪した後、乙骨の階級はいっとき4級になってしまいますが、元々の才能で再び特級術師となります。

  • 五条悟との関係

呪術高専1年の担任で特級術師五条悟は、乙骨が人を傷つけることを恐れて自殺を図るときに乙骨の元に現れ、乙骨を助けた恩人です。

乙骨に「呪いの力の使い方を学びなさい」と呪術高専に連れていきます。

  • 禪院真希との関係性

乙骨と禪院真希は呪術高専の同級生です。

御三家である禪院家の出身にも関わらず、術式を持たずに生まれたことにコンプレックスを持っており、周りからも落ちこぼれ扱いされた過去があるため、最初は望まずとも呪力を持つことができた乙骨を嫌います。

しかし、厳しい言葉に隠された優しさで乙骨を立派な術師へと導く、乙骨にとっては恩人の一人です。

  • 狗巻棘との関係性

狗巻は禪院と同様に、乙骨の呪術高専の同級生です。

言葉によって術式が発動してしまう呪言師なので、ボキャブラリーが非常に限られており、謎に包まれたキャラクターですが、本当は仲間思いの優しい性格で乙骨ともとても仲がいいです。

狗巻は生まれた時から言葉が呪術になってしまう能力があるので、気がつかない間に人を傷つけてしまう点が乙骨と重なり、最初から乙骨にシンパシーを感じて色々と気にかけていました。

乙骨は、最初は謎に包まれた狗巻を恐れていましたが、一緒に呪術退治をした際に狗巻の性格の良さに気がつき、それ以降は仲良しです。

  • パンダとの関係性

乙骨の呪術高専の同級生の一人です。見た目はパンダですが、実際は呪術高専の夜蛾学長が作り出した突然変異呪骸で、人間と同じ感情をもち、言葉も普通に喋ります。面倒見の良い性格で、乙骨とも仲の良い同級生です。

乙骨憂太の現在をネタバレ解説!

乙骨憂太は本編に再登場する前は、ミゲルと一緒に海外にいました。

上層部が乙骨に呪具を入手するよう命じたためミゲルの母国(アフリカのどこか)にいたとされています。

海外滞在中に五条と再会しており、その際に虎杖含む高専の生徒を任されたため、乙骨は死刑執行役のふりをして虎杖を殺した後に、反転術式によって虎杖を助けます。

最初は敵として現れた乙骨ですが、実際は上層部に虎杖の死を偽装して虎杖を救う強力な味方キャラクターなのでした。

まとめ

以上、呪術廻戦の乙骨憂太の再登場についてまとめました。

  • 乙骨の呪術廻戦本編の再登場は16巻第137話「堅白」
  • 本編登場までは海外にて上層部からの任務を遂行していた
  • 乙骨は最初敵として再登場するが、実際は虎杖を救う味方

味方として加わった乙骨は、今後も裏の主人公として本編で活躍するのではないでしょうか?

今後の展開がますます楽しみですね!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様のご参考になりましたら幸いです。