冬のイベント

年賀状断りのハガキを出す時期は?文例や年賀状辞退への返信例も紹介

年賀状 断り ハガキ 出す時期
年賀状をそろそろやめたいな…

そう思うことありませんか?

年賀状はあまり会えない人の近況を知れるコミュニケーションツールですが、手間に感じることも。

そこでこの記事では年賀状辞退を、相手を不快な気持ちにさせずに上手に伝える方法についてご紹介します。

ちなみに年賀状辞退を受け取ったときの返信方法についてもお伝えしているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

年賀状断りのハガキはいつ出す?時期は?

まずは、年賀状断りのハガキについてですが、その年の年賀状を断る場合と来年以降の年賀状を断る場合によって送る時期が変わってきます。

まずは、その年の年賀状を断る場合ですが、この場合は相手が年賀状を準備し始める前が理想とされています。

具体的には、12月初めあるいは11月下旬に届くように送ると良いとされています。

しかし、人によっては、この時期にハガキを送ってくるのであれば、年賀状も送れるだろうと考える人もいます。

そのため、次に紹介する来年以降の年賀状を断る場合の方がより好ましいと思われます。

来年以降の年賀状を断る場合は、今年の年賀状に来年以降の年賀状を断る旨を書くことが好ましいとされています。

そのため、タイミングとしては年賀状と同じになります。

年賀状じまいの文例を友達など相手別に紹介

さて続いては年賀状じまいの文例について紹介していきます。

年賀状を断ると聞くと、相手側からすればあまりいい印象は受けませんよね。

そのため、どのような理由で年賀状じまいをするのかを明確に記載する必要があります。

まずは、例えば友達に対して送る場合だと、

誠に勝手ながら、来年よりどなた様にも年賀状をお送りしないことにいたしました。

ご了承のほどお願い申し上げるとともに、これまでと変わらぬお付き合いをいただけると幸いです。

また、普段あまり連絡を取らない方に対しては、

長年心のこもった年賀状をお送りくださり、ありがとうございます。

私事で恐縮ですが、近頃は大変仕事が忙しく、年賀状をしたためることが困難になってまいりました。

そのため誠に勝手ながら、来年より皆様に年賀状をお送りしないことにいたしました。

ご了承のほどお願い申し上げるとともに、これまでと変わらぬお付き合いをいただけると幸いです。

友達や親しい人とは異なり、普段あまり連絡を取らない方には、弁明の機会が一切訪れない場合もあります。

そのため、相手からすれば完全に縁を切られたと思われても不思議ではありません。

普段あまり連絡を取らない方には、より詳細に年賀状じまいをする理由を伝え、決して縁を切るわけではないことを説明する必要があります。

どの相手に送る場合であっても、年賀状じまいをする理由とお詫びの言葉を書く必要があります。

こちらから一方的に辞退することになるため、くれぐれも失礼のないように気をつけることが好ましいです。

年賀状辞退へ返信はいる?例文を紹介

続いては年賀状辞退を受け取った場合どのように返信すれば良いのか紹介していきます。

まず返信に関してですが、基本的には必要ないです

というのも、年賀状辞退をしたのにも関わらずこちらが返信にしてしまうと、向こうも返信をしなくてはと考えてしまうからです。

年賀状辞退を受け取った場合は、何も送らないことが良いと考えられます。

しかし、年賀状でのみ連絡を取り合っていた相手の場合、何も返信しないのも薄情ではと思われる方もいらっしゃると思います。

その場合は、

長い間、年賀状にてご挨拶いただき誠にありがとうございました。

〇〇様の今後のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

など、簡潔に済ませることが好ましいと思われます。

その際に、返信不要の旨を書き記しておくとなお良いと思われます。

年賀状辞退のハガキを送られるような方であれば、いかに簡潔に済ませたとしても、返信をしなくてはという思いに駆られる可能性もなくはないと思われます。

そのため、予め返信不要の旨を書き記しておくことで、相手方がこのような思いをしなくて済むようになります。

年賀状辞退をわざわざ頂いているので、こちらとしてもそのような配慮をしておくことが好ましいと考えられます。

まとめ

今回は、年賀状辞退について紹介していきました。

  • 年賀状じまいをする理由を詳細に書く
  • お詫びの言葉を添える
  • 年賀状辞退に返信は不要

近年は、SNSなどの普及によってもはや年賀状は不要だとされる方も多く見受けられます。

私自身も、友人間で年賀状を送り合うことは特になく、ラインなどのメッセージアプリなどで新年の挨拶を行っています。

しかし、このようなネット社会だからこそ、年賀状でのやり取りを大切にする必要があるのかもしれません。

年賀状は言ってしまえば、非常に手間のかかる連絡手段です。

しかし、その手間と時間を相手が割いてくれていると考えると、ないがしろには出来ません。

そのような間柄こそ、交友関係の希薄化が叫ばれる現代のネット社会において、大切にすべきものなのかもしれません。

年賀状辞退をする際には、その関係を崩すことなく、丁寧な説明を心がけましょう。

▼こちらの記事もどうぞ▼
12月31日に亡くなったら年賀状はどうなるの?喪中はがきはいつ出す?

年賀状が3日に届くにはいつまでに出せばいい?マナー違反にはならない?