ドラマ・映画

アキラとあきら2022年映画のあらすじ!原作のネタバレも紹介

アキラとあきら 映画 2022

みなさん、映画は好きですか?

お家で過ごす時間が増えた今、観る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。

私もよく映画を見ますが、観るジャンルがマンネリ化することありませんか?

おすすめに出てくる映画も見尽くしてしまった・・・

いつも同じようなジャンルしか観ていないな・・・

なんて思うこともあります。

そこで、竹内涼真さん、横浜流星さん主演で映画化決定の映画アキラとあきらをご紹介します。

原作は「下町ロケット」「半沢直樹シリーズ」で知られる池井戸潤さん。

今年8月26日に公開です。

気になるあらすじは本文にてご紹介していますので、是非最後までご覧ください。

映画アキラとあきらキャスト

まずは登場人物と映画アキラとあきらのキャストをご紹介します!

この物語の主人公1人目。

階堂 彬(かいどう あきら)を演じるのは横浜流星さんです。

階堂彬は、老舗海運会社である東海郵船の御曹司です。

しかし次期社長の立場を拒絶し、大企業の御曹司でありながら銀行員という道を選んだ異色の経歴の持ち主。

裕福な家庭で生まれ育ったが故の葛藤や過酷な運命を背負っています。

銀行員(バンカー)としての彬は、情を捨て冷静な仕事ぶりで順調に出世していきます。

そして2人目の主人公。

山崎 瑛(やまざき あきら)は竹内涼真さんが演じます。


山崎瑛は貧しいが、愛情深く温かい家庭で育ちました。

幼少期は父親の経営する工場の倒産により過酷な日々を過ごしました。

また、父親が再就職先でもトラブルに巻き込まれ辞職に追い込まれた際に銀行員に助けられたことをきっかけに「人のためにカネを貸す」という信念と「人を救うバンカーになる」という熱い理想を持ち銀行員となります。

どんな融資先にもまっすぐぶつかり、人情深い瑛は、ある案件で自分の理想と信念を貫き、左遷されてしまいます。

最後は階堂彬の弟であり東海郵船の御曹司。

階堂 龍馬(かいどう りょうま)です。

演じるのは、高橋海斗さん。


兄・彬とは犬猿の仲で、優秀な兄に対して劣等感を抱いています。

彬が次期社長を辞退したため、若くして老舗海運会社・東海郵船の社長となります。

映画アキラとあきらあらすじ

さてここからは作品全体のあらすじをご紹介します。

「アキラとあきら」は銀行が舞台の物語です。

日本でも有数のメガバンク・産業中央銀行に同じ名前を持つ彬と瑛が同期で入社します。

同期の中でもずば抜けて優秀な2人は、真逆の信念と仕事のやり方で対立しながらもライバルとして切磋琢磨します。

良きライバルであり、友人となった2人がそれぞれに背負う運命に抗い、試練に立ち向かい、トップバンカーを目指す物語です。

人生を左右する試練が訪れたとき、2人がどんな選択をするのか、

気になる方は8月26日公開の映画アキラとあきらをご覧ください!

アキラとあきらの原作ネタバレ!

ここからは原作アキラとあきらのネタバレをざっくり解説します!

前情報なしで映画を楽しみたい方、これから原作を読む方は、ご注意ください!

それでは解説します。

彬と瑛がバンカーになってから6年が経ったころ、彬の父であり東海郵船の社長の階堂一磨が、くも膜下出血で倒れ、さらに肺がんで余命1年と宣告を受けます。

誰が東海郵船の社長の座に就くのか?

長男の彬は既に辞退しているため、弟である龍馬が社長に立候補します。

ですが、一磨が指名したのは役員の小西でした。

一磨の死後、公表された遺言書に「私の有する全ての株式はーー彬に譲ることとする」と記されていたことで、親族や龍馬の猛反発を受けながらも、彬は東海郵船の筆頭株主となります。

その後、社長となった小西は社運をかけた一大プロジェクトを打ち出します!

それが伊豆に高級リゾートホテル「ロイヤルマリン下田」を建設すること。

しかし「ロイヤルマリン下田」は資金繰りがうまくいかず赤字続きとなってしまいます。

さらには龍馬を筆頭に社内でクーデターを起こされ小西は解任され、その後、龍馬が社長となります。

龍馬が社長となった後も東海郵船は業績悪化は止まらず、このままでは倒産してしまう!!そんな中、龍馬が倒れ統合失調症と診断を受け、彬に社長を譲りたいと頭を下げます。

その頃、彬はトップバンカーとして活躍していましたが、龍馬に懇願され、倒産寸前の東海郵船の社長になることを決意します。

彬が社長に就任後、まず取り掛かったのが赤字を出し続ける「ロイヤルマリン下田」の売却。

彬は東海郵船のメインバンクの産業中央銀行の手を借りることにします。

その担当となったのがトップバンカーとなった瑛。

買い手が一向に見つからない中、瑛は「ロイヤルマリン下田」と一緒に最大の出資者である東海商会ごと売却するという策を思いつきます。

独自の販売ルートをもつ東海商会ごと売れば赤字続きの「ロイヤルマリン下田」があっても買うメリットは大きいはず!

そこで最有力候補として「大日麦酒」があがりましたが、東海商会単体で買いたいといいます。

となれば「ロイヤルマリン下田」の再建しか道はない!

しかし再建には銀行からの融資が必須となり、普通の銀行員に頼めば断られる難しいケースです。

しかし瑛はこれを引き受け、瑛の頑張りもありなんとか2人は融資を勝ち取ります。

それから2年で「ロイヤルマリン下田」は黒字になります。

エピローグでは妻と子供2人と「ロイヤルマリン下田」に向かう瑛と売上を飛躍的に伸ばしている東海商会が描かれます。

伊豆滞在中、瑛はふと思い立って、かつて父の工場があった場所を訪れ、最後に「ぼくは、ここに戻ってきたんだな」と言います。

最後に原点で、過酷な幼少期を過ごした思い出の場所に戻ってきた瑛。

運命に抗い、乗り越えた2人が描かれています。

まとめ

ここまで映画「アキラとあきら」のあらすじと原作のネタバレ解説をしてきましたが、

最後にポイントをおさらいします!

  • 映画アキラとあきらは2022年8月26日公開
  • 原作は「下町ロケット」「半沢直樹シリーズ」などで知られる池井戸潤
  • 主演は竹内涼真、横浜流星
  • 出生の異なる2人がそれぞれに背負う運命に抗い、試練を乗り越えていく物語

調べれば調べるほど気になる!

私もこの夏、映画館に観に行こうと思います!